ナチス・ヒトラーは、ドイツ国民の救世主でした。
ヒトラーは、反共産党。
アカ、チョンにとっては、都合の悪い人だったのです( ´,_ゝ`)プッ

ナチス・ヒトラーは何をしたのか?、ヒトラーは反共産党だった

著者・真実ゆう子



海外のAmazonのタイトルは、「What Hitler and the Nazi Party did 」です。

この書は、先人の日本人が残してくださった書物から、歴史を紐解いた日本人必見の電子書籍です。




近頃、安倍晋三首相に対して、ヒトラーの合成写真を用いたりし、ファシストだのナチスだの言って批難している輩がいます。

また、報道などでは、ことあるごとにヒトラーの名前が出てくるようになりました。

ヒトラーと重ねて安倍氏を非難している奴らは、大抵、日本国に日本人に生まれられなかった、あの残念な在日韓国朝鮮人達でしょう。

密航で居座った犯罪者の子孫、日本名を使い日本人になりすまして悪さをしているあの気持ち悪いチョン達です。

在日韓国朝鮮人が、強制連行されてきたというのは嘘です。

戦後生まれの日本人は、誰が本物の日本人かわからない状態の中、暮らしています。

大和系の日本人か、朝鮮系の帰化日本人か、日本名を使っている在日コリアンかわからないのは、とても危険なことなのですが、日本人は実に呑気です。

韓国も北朝鮮も、日本を敵国としています。
こんな気持ち悪い国の人達とは、関わらない方がいいのです。

また、我々日本人が密航犯罪者の子孫と、差別も区別もないのはおかしいのです。

国籍のある地で、半チョッパリと忌み嫌われ馬鹿にされ、棄民扱いされている奴らと、同等になってやる必要などなく、「まず、同胞に差別するなと言いやがれ、同胞に認めてもらいやがれ、気持ち悪い」でいいのです。

戦後生まれの日本人は、誰が本物の日本人かわからない状態の中、暮らしています。

戦後の日本人は、政治に興味を持たないように教育されてきました。

ファシストとは何なのか?
ヒトラーはどんな人物だったのか?

これらを正確に語れる日本人は、少ないでしょう。

そこで今回は、「ファシストは、本当に悪いことなのか?」、「極悪非道と言われているヒトラーは、本当に酷い人だったのか?」「ヒトラーは、いったいどんな人物だったのか?」などを調べました。

そして、ヒトラーを知れば知るほど、私は、ヒトラーに惚れました。

ヒトラーが殺したのは、敵だけです。
彼は、ドイツ国の救世主で、ドイツ国民にとても愛されていたのです。

ヒトラーは、反共産党でした。

ドイツ国は、共産党、アカ、赤化(せっか)工作員達に退廃させられていたのです。
ヒトラーは、その諸悪の根源を殺しただけなのです。

共産党のレーニン、毛沢東は、自国民を殺しまくりました。
しかし、それについては、なぜか非難されていないのです。

結局、日本の東條英機氏同様、終戦後、赤化工作員達によって、ヒトラーも極悪非道な人物に仕立てあげられてしまったようです。

赤化とは、思想を共産主義に変えることをいいます。
共産主義は、アカ、マルクス・レーニン主義やマルキストと言われる思想です。

奴らは弱者の味方のふりをして、弱者を利用します。

日本共産党は、国際共産党(コミンテルン)日本支部として誕生した政党で、日本人のための政党ではありません。
中国共産党と別の組織のように見えますが、同じ組織です。

また、社会民主党(社会党・社民党・民主党)も共産主義者の集まりで、残念ながら日本人のための政党ではありません。

共産党の目的は、「残念な出自の貧乏な家庭に生まれた奴らが、ブルジョア層を憎み、その地位を奪うこと」なのです。
その黒幕は、ユダヤ人です。

コミンテルンの組織団体は、フリーメイソンであり、奴らの目的は“世界各国の帝国破壊”である事は、「赤い工作員にご用心」と「左翼の正体」(共にキンドル電子書籍)で明らかにしました。

実は、世界中で、大正時代から脈々と赤化工作が行われているのです。

コミンテルンは表向き解散したようですが、赤化工作はしぶとく続いています。

アジアでは、「ユダヤとシナーとニダヤの大革命」が行われています。

日本人の敵は日本人だという人がいますが、「日本人の敵は、アカとチョン」という言い方にすれば、もっと多くの日本人が目覚め、選挙の投票率があがり政治に感心を持つでしょう。

日本には、日本国籍でも心はあの気持ち悪い朝鮮半島にあるというチョンがわんさかいるのです。

我々日本人は、反日と戦ったりユダヤの陰謀と戦うなんて疲れることをする必要はありません。

ただひたすら、ユダヤとシナーの手先である、ニダヤ(在チョン)を見下し罵り笑い者にしながら、徹底排除するだけでいいのです。

先人の書を紐解けば、ファシスト、ナチス、ヒトラーの真実がわかります。

ヒトラーに学ぶところは、多々とあります。

敵に対しては、情け容赦なく、「生まれの不幸を呪うがよい( ´,_ゝ`)プッ」とでも思いながら、手加減する事なく極限まで、心を追い詰めるなりして対処しましょうよ。

アカと馬鹿チョンらに、「南京大虐殺問題」「慰安婦問題」「靖国問題」など捏造の歴史を作られ、我々日本人は日本鬼子と罵られ嫌われているのです。

せっかくですので、奴らのお望み通り、敵に対しては、日本鬼子になって陰湿に罵り馬鹿にして気持ち悪がり、あからさまに排斥、排除してやればいいのです。

敵が苦しむ姿は、楽しいものです。
敵の命や心なんて、ぞんざいに扱うものです。

そもそも、密航してきた時点で、戻すか殺すかしておくべきだったのです。

日本人は、ファシストになって、害人に対しては、容赦なく軽く駆除した方がよいと思います。

本来、スパイ、侵略者は死刑にすべきです。
スパイ、侵略者の命と心は、ぞんざいに扱って駆除するものだと、私は思います。

日本人はお人好しを封印しましょう。同情は禁物です。

土人の暮らしを楽しみ残飯と糞尿で命を繋いでいた奴らに文明を与え、日韓併合をしてやった先人の日本人は間違いだったのです。

一瞬の同情が、命取りです。

とはいえ、今現在、我々日本人に出来るのは、日本国憲法二十一条、表現の自由を最大限に活用する事くらいです。
日本国において、奴らが気にする蔑称を言っても書いても法律上、なんら問題ありません。

チョン達のように人を恨むのではなく、敵に対しては、見下し、罵り、徹底的に笑い者にしていけばいいのです。

敵を近づけないようにするのは簡単。罵るだけの簡単な作業なのです。
ヘイトアンドピースを、楽しみましょう。

日本人同士が結束を固め、敵のあら探しをするなどして悪口を思う存分楽しみ、楽しく意地悪に排除していけばいいのです。

とにかく、我々日本人は、本当のナチス・ヒトラーを知りましょう。



『ナチス・ヒトラーは何をしたのか?、ヒトラーは反共産党だった』

目次

・はじめに
・アカ、マルキスト、共産主義者は、人類の敵である
・ヒトラーは反共産党であり、ドイツ国民の救世主だった
・コミンテルン(国際共産党)による日本民族奴隷化の陰謀
・ヒトラーが、共産主義者のヤバさに気づいたきっかけは、ウィーンで働き出した時だった
・社会民主党は、異人種の政党である
・ヒトラーも最初は、全くユダヤ人を敵視していなかった
・ヒトラーが反ユダヤになったのは、ユダヤ教の本質を知ったことからだった
・日本の赤化工作は、二つの系統があった
・昭和十三年頃のドイツの共産党対策は、徹底していた
・ヒトラーがまず着手したのは、失業者の救済だった
・ドイツ国民は、ヒトラーをとても慕っていた
・ドイツの帝国は、水兵の中にいたユダヤ人と外部のマルクス主義者によって崩壊させられた
・ヒトラーは、退廃状態にあったドイツを再建させた
・ヒトラーは自国民を殺していない、敵を排撃しただけである
・ヒトラーのユダヤ人対策は、あからさまに過激だった
・イギリスだけは、帝国破壊が行われず安泰である
・ドイツは、危険因子である敵を排除しようとした
・ドイツ国民は、国の再建に一生懸命だった
・戦時中、ナチス政権下のドイツの少年たちの様子
・ナチス政権下の児童収容所
・ヒトラーに学ぶべきところは多々とある
・世界大戦はユダヤの陰謀だ
・ナチスは、徹底したユダヤ人対策を執った
・赤化工作員の歩む悲惨な末路 ・欧州大戦中の不気味なユダヤ人の活躍ぶり
・日本人も強かに、時に意地悪になるべきだ
・国家破壊を目指しているユダヤとニダヤ
・日本人はお人好しを封印して、敵に対しては、無情、冷徹、悪魔になるべきだ
・共産主義の侵入や拡大を防ぎ止めるために、日本とドイツは協定を結んだ
・コミンテルンと闘ったドイツ国と日本国 ・万歳、ヒトラー・ユーゲント
・おわりに



ヒトラーが殺したのは、アカの敵、自国民は殺していないよ?













工作員を吊るしあげたら、無間地獄に誘えそうだ☆彡













ファシストやナチス、ヒトラーは、残念な出自のチョンにとって、とっても恐ろしいものって事w



ファシストやナチス、ヒトラーは、残念な出自のチョンにとって、とっても恐ろしいものって事w





文献の出典は、本誌にて。

アマゾンの発売ページへ


全世界のアマゾンで売出中、海外在住の方は、「yuko shinjitu」で検索してください。

   
inserted by FC2 system