日本国民、大和民族必見の書!
戦前から続けられている迷惑な赤化工作、赤化工作員は、日本人になりすます朝鮮糞食い人種たち。こいつらは容赦なく、虐め抜いて排除するべきです。
先人の日本人の書で、大正時代から脈々と続いているコミンテルンのアカ工作について知りましょう。

左翼の正体、このままでは日本が壊されてしまう

著者・真実ゆう子



英語のタイトルは、「Identity of the left-wing of Japan」

この書は、先人の日本人が残してくださった書物で、歴史を紐解く大和民族必見の電子書籍です。



日本は今、「コミンテルンの赤化工作、ユダヤとニダヤとシナーの日本破壊の大革命」が行われています。

実は、日本では、大正時代から脈々と、赤化(せっか)工作が行われているのです。

ほとんどの日本人は、そのことに気づいていません。

自民党安倍晋三総理が、執拗に叩かれたり、国防軍を作るという事で、「戦争をしたがっている」なんて言っているのは、安倍つぶしの心象操作、赤化工作です。

戦争をやりたがっているのは、赤化工作の大元のコミンテルンです。
日本が侵略戦争をしたなど言われているのは、実は、コミンテルンがやってきた事を日本になすりつけられていたのです。

赤化とは、思想を共産主義に変えることをいいます。

日本国民、大和民族は、「共産主義」「マルクスレーニン主義」「革命」という言葉を警戒し、これらは、敵という認識をすべきです。

このままでは、日本が中国に侵略されて、チベットやウイグルのようになり日本国民は殺されてしまいます。

これは、決して大げさな表現ではありません。

だから、私は、やられる前に殺しておけと何のためらいもなく言葉にしています。

ツイッターにおいて、「スパイ、侵略者、工作員の命はぞんざいに扱え」「侵略者は女・子供から始末すれば増えない」とつぶやいているのは、このためです。

日本人になりすます工作員をネットリンチにかけるなどして、工作員の心を陰湿にいたぶり使えない奴として浮上させておけば、奴らは、総括、粛清という名の元に、仲間内で殺されるでしょう。

邪魔者はイビリ抜いてでも、徹底排除。
見下し、陰湿な罵りをぶつけて、互いの距離を離していくなどをする工夫が大切です。

敵は馬鹿チョン。
憲法21条、表現の自由の最大活用。
我々は頭と言葉、PCを使っていくだけで、工作員の命を葬ることができるでしょう。

コミンテルン(国際共産党)は、消滅していません。
大正時代からずっと続いているのです。

コミンテルンの組織団体は、フリーメーソンです。

日本共産党は、コミンテルン日本支社として誕生しました。

日本共産党と中国共産党は別物と思っている人も多いでしょうが、実は同じ組織。
国際共産党(コミンテルン)の一支部同士です。

中国は、元々国民党の蒋介石の天下でしたが、蒋介石は、保身のために共産党を容認しました。
この書では、そんな中国でのコミンテルンの活動状況をピックアップしました。

この世の中、マルクスレーニン主義を崇拝しながら、それを隠して日本人のマインドを少しづつ共産主義に変えようとしている奴らがあっちこっちにいるのです。

共産党と堂々と名乗っている人はまだいいのですが、保守思想のふりをして一般の人達の中に、紛れ込んでいる奴らが厄介です。
こういう奴らを見抜いて、排除していくためにも、ぜひ、アカ、共産主義者の危険性を是非知ってください。

日本人は、コミンテルンやアカ、共産思想の工作員の恐ろしさを知らなさ過ぎです。
コミンテルンは、決して古臭い話ではなく、現在も続いている組織です。

コミンテルンの組織団体は、フリーメーソン。
フリーメーソン最終の目的は、全世界だいユダヤ帝国の建設です。

大正時代から今日まで日本で行われている事は、「コミンテルンの赤化工作であり、ユダヤとニダヤとシナーの日本破壊の大革命」ということです。

いま、テレビ、新聞、雑誌は、在日コリアン企業が、スポンサーとなり情報をコントロールしていると言っても過言ではありません。
日本人になりすます在日韓国朝鮮人を、警戒しなさすぎです。
人権、平和、憲法九条を守れとか言っている奴らは、共産党系の工作員と思って間違いないでしょう。

日本共産党は、コミンテルン日本支社として誕生しました。
中国共産党と別の物と思いがちですが、コミンテルン、国際共産党のいち支部同士。
実は、日本共産党と中国共産党は、同じ組織なのです。

フリーメーソン最終の目的は、全世界大ユダヤ帝国の建設です。

中国共産党の毛沢東は、文化大革命と称して、知識人を農村に送ったり殺しまくりました。
文化大革命は、日本の呼び方です。中国では「無産階級(プロレタリア)文化大革命」と言われているようです。
共産党の目的は、「残念な出自の貧乏な家庭に生まれた奴らが、ブルジョア層を憎み、その地位を奪うこと」なのです。
その手口は、まるで日本の民主党とテレビ・メディアです。

世界各国の残念な出自の奴らが集まって、政権を握り、その国を潰すことを目的としているのです。

今時、共産思想にハマれるのは、日本国に日本人として生まれられなかった残念な韓国朝鮮人系の人達でしょう。

ツイッターを観察していると、日本共産党の議員が当選して喜んでいるのは、朝鮮名のチョンだらけでした。
共産党と堂々と名乗っている奴は、まだいいのですが、その思想を隠し、日本人社会に紛れ込んでいるチョンがいるので厄介です。
炙り出して排除していくべきでしょう。

事実は小説よりも奇なりとよくいったものです。

先人の書を紐解けば、共産主義・革命がわかります。
中国共産党の党員が増えていったのは、「女子共有」。
女性を共有する事ができるという、すけべ心が刺激されたからだそうです。
また、国民党だった中国大陸でのコミンテルンの動きなどもピックアップしています。

敵は陰湿にいびり抜くなどして駆除していくものです。

敵の面子は潰すために存在する。

敵の心は折ったり抉ったり凹まれたり傷つけるために存在する。

工作員の命は、仲間に葬らさせるために存在している。
我々の玩具として、壊れるまで遊べばいいのです。
敵の面子は潰すために存在する。
敵の心は折ったり抉ったり凹まれたり傷つけるために存在する。

理論武装のため知識を付けましょう。そして、陰湿にいじわるに極限までイビリ抜いて、工作員が一匹づつ葬られるのを楽しみましょう。


先人の書を紐解けば、共産主義・革命がわかります。

目次

・はじめに
・戦前から脈々と続いている赤化、恐ろしい思想工作
・真面目で純粋な若者ほど、赤化工作の罠に引っかかりやすい
・教育界は、昭和初期から赤化思想に蝕まれていった
・コミンテルンの赤化工作は、ユダヤとニダヤの大革命だ
・赤旗の赤は「豚の血祭り」の血で染められた色だ
・共産主義者は世界革命を目指し、暴力革命をする
・共産党は神秘的と思わせるため、秘密主義を貫く
・共産党の真の目的は、国家破壊だ
・赤化し革命が行われたロシアは、悲惨だった
・中国人の赤化、共産党の勧誘はとても簡単だった
・支那での国際共産党、コミンテルンの動きとは
・国民党の蒋介石は、共産党を容認し英国と連携した
・日本共産党は、国際共産党(コミンテルン)の一支部である
・コミンテルンは、それぞれの国の国家破壊を目的としている
・莫大な金のために日本革命に勤しむ反日分子
・世にも恐ろしいユダヤ教、コミンテルンの考え方を知るべし
・マルクス・レーニン主義者は、各国で工作をしている
・コミンテルンの指導団体は、秘密結社・フリーメーソンである
・おわりに



























文献の出典は、本誌にて。

アマゾンの発売ページへ


全世界のアマゾンで売出中、海外在住の方は、「yuko shinjitu」で検索してください。

   
inserted by FC2 system