我々日本人は、反日と闘うなんて疲れる事をせず、ただひたすらアカと馬鹿チョンを、日々、見下し罵りおもちゃにしながら馬鹿にして遊べばいい。
国際的スキルのない日本人は、親日とか言って日本人社会に入り込もうとする在日韓国朝鮮下痢すすりはゲリラ、スパイと思って見捨てるべきだ。

共産主義は悪魔思想、マルクソ・レーニン主義者に騙されるな!

著者・真実ゆう子



海外のAmazonのタイトルは、「Communism is the devil thought」です。

この書は、先人の日本人が残してくださった書物によって歴史を紐解いています。



先人の書で歴史を紐解くシリーズ、第十冊目。
この書は、戦時中までに書かれた書籍によって歴史を紐解く、日本人必読の電子書籍です。

先人の書を紐解けば、「アカ」「マルキスト」「共産主義」、マルクソ・レーニン主義者の気持ち悪さが、よくわかります。

サブタイトルの「マルクソ・レーニン主義」の「マルクソ」は、誤字ではありません。
悪魔思想であるコミュニズム(共産主義)を提唱した、「カール・マルクス」をもじった造語、言葉遊びです。

この書によって、いつも良い事を言っているようだけど、実力が伴わないどこか気持ち悪い日本共産党、民主党、社民党(旧社会党)、共産主義者、アカ、マルキスト、反日左翼といわれる奴らの謎がとけます。



日本共産党はいい政党と思っている人は、天安門事件において戦車で人を引き殺す事を平気でやってのけた中国共産党と同じ組織である事や、日本共産党は、国際共産党(コミンテルン)日本支部として誕生した事を知っているのでしょうか?

「中国共産党から資金が出ている」という人がいます。

しかし、国際共産党(コミンテルン)から資金が出ているのでしょう。

ツイッターにおいて、「コミンテルンは消滅した」と、偉そうに文句を言ってきたコリアンミニチンコ君みたいな奴がいました。

コミンテルンの指導団体は、フリーメイソンです。

消滅したように見せかけて、彼らの目的、野望達成に向けた取り組みは脈々と続いていると思って、間違いないでしょう。

日本国憲法・第二十一条に、「表現の自由」があります。

我々日本人は表現の自由の下、殺害予告や脅迫でない限り何を言っても何を書いてもよいのです
そのため、私はふんだんに差別用語とされる侮蔑、蔑称を気にせず書きまくります。

日本国憲法は、平和憲法ではありません。



敗戦後、アメリカに押し付けられた日本国憲法・第九条は、日本弱体化のとても不愉快かつ邪魔な物です。

しかし、第二十一条「表現の自由」は、本当にありがたいものだと思います。
表現の自由を入れ込んだ事だけは、GHQに対して感謝をしてやってもよい気になります。

私は、明るく、いきいき、のびのび、朗らかに、陰湿に、意地悪に、執拗に、下品に悪態をつきまくります。

「だって、罵詈雑言ほど即効性のある効果的な武器はないんですもの。暴言は、コストゼロの武器なんですもの。ヘイトスピーチは、表現の自由で合法的なんですもの。元々、敵の心はグッサリ傷つけるために存在していて、敵のメンツは、ガッツリ潰すためにあるんですもの。敵が精神的に追い詰められ、もがき苦しむ姿って楽しいんですもの?」という具合です。

さて、日本の問題や世界の問題を追及すると、必ずと言って「ユダヤ問題」に突き当たります。
その為、「ユダヤ対策の書」を多く引用しています。

ユダヤ教の経典・タルムードの恐ろしさや、ユダヤ人が多民族を「ゴイ」という用語で「豚」としか思っていないこと。

各国の共産党は国際共産党(コミンテルン)という組織で、その親玉はユダヤであること。

また、カール・マルクスの本名はモルデカイで、彼はユダヤ人でありフリーメイソン結社員であったこと。



ユダヤ人は、変幻自在に通名という偽名を使い分けて生きてきた事。



相手が弱いと思ったら必ず軽蔑と虐待で多民族を虐めてきたのに、常に被害者ぶってきたこと。



それは、まるであの気持ち悪い日本人になりすます在日韓国朝鮮人と同じである事など、共産主義者の気色悪さの謎を説く基本になる書を入れ込んでいます。

そして、私自身は、「日ユ同祖論(※「日本人とユダヤ人(古代イスラエル人)は共通の先祖を持つ兄弟民族であるという説」)なんて馬鹿じゃないの?
外国人にそんな不確かな親近感なんて抱かない方がいいよ」とは思っています。

しかし、この書は、反ユダヤ書ではありません。

ユダヤ人が、世界のシステムを作ったのですから敵視する必要はありません。
その手先であるアカとチョンを、陰湿に執拗に虐めるなりして排除すればよいと提案します。

この書のジャンルとしては「嫌韓」「反ニダヤ書」「アカ・共産党対策」「反共(反共産党)対策」「日本鬼子のすすめ」の書になります。

この書のジャンルとしては「嫌韓」、「反ニダヤ書」、「アカ・共産党対策」、「反共(反共産党)対策」、「日本鬼子のすすめ」の書になります。

先人の書籍に書かれた史実を元に、反共産党、反チョンの薦め、日本人の心の持ちようにスポットを当てています。

先人の日本人は、土人の生活を楽しんでいる朝鮮民族に文明を与えてしまいました。

それが、今に祟っているのです。

日本人はお人好しを封印して、敵に対しては無情冷酷になりましょう。

その優しさが命取り。

◯◯人にもよい人がいる論や、情に流されないようにしましょう。

敵に何かやられたら倍返し。



陰湿に強かに執拗に、敵の言われたくないであろう心ない言葉を選んで笑いながら言うなど工夫をして寄せ付けないようにしましょう。

難民は在日韓国朝鮮人のように、やがて厄介者になるのですから、受け入れないようにすべきである事など力説しています。

また、我々日本人は、日本を赤化(せっか)させない為に、反米でなく反共産党になるべきなのです。

赤化とは思想を共産主義、マルクソに変える事を言います。

馬鹿チョン左翼達がやっている事や、二〇一五年、戦後七十年の安倍談話の意味がわかるはずです。

先人の書を紐解けば、民主党・社民党・共産党がわかります。

目次
・まるで朝鮮人のように気持ち悪い野党の国会議員達
・民主主義の本質はユダヤ主義である
・反ユダヤ書の著者・包荒子と、日ユ同祖論でユダヤ人を救った安江仙弘は同一人物だった
・右派も左派も根っこは同じ、アカだったりする
・ユダヤの陰謀が初めて暴露されたのは、明治二年だった
・マスコミに出てくる論説者・学者のバックボーンを調べよ
・世界戦争は、すべてユダヤの野望達成のための争いだ
・デモクラシー国の真の主人はユダヤ人だった
・日支事変は、日ユ事変だった
・国際共産党、コミンテルンはユダヤのものである
・ドイツ、ワイマール憲法、ナチスの手口に学べと言った麻生太郎発言は歪曲されて伝わった
・コミンテルンの指導団体は、フリーメイソンである
・ロシアを乗っとり、ソ連を作ったのはユダヤ人だ
・ユダヤ教聖典「タルムード」の恐ろしさ
・本物の日本人は、反米ではなく反共産党になるべきなのだ
・日本人になりすましている害人、赤化工作員の扇動に踊らされるな
・松下幸之助氏は共産思想にシンパシーを感じていたようだ
・共産主義は、聞いて極楽見て地獄
・共産党は悪魔思想、日本人はお人好しを封印しましょう
・戦後七十年の安倍談話
・戦後、日本人は自虐史観を刷り込まれた
・アカ、なりすまし、害人に対しては、憲法二十一条、表現の自由で反撃しよう
・おわりに






出典は本書にて

Amazonの発売ページはここ

全世界のアマゾンで売出中、海外在住の方は、「yuko shinjitu」で検索してください。

   
inserted by FC2 system